Freeway Walker

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜RYTHEM presents〜 「Acoustic PoP Vol.3」

<<   作成日時 : 2007/01/16 03:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

昨日のGLAYに続き、LIVE 2連戦!
2ヶ月ぶりの「Acoustic PoP」!
行って来ました、Shibuya O-WEST

開場5分前、17:55に会場到着。
前回までのO-Crestよりキャパが大きくなり、かなりの人だかり。
整理番号順の入場は始まっていたが、300番台の俺はまだまだ先。

物販ブースでは、RYTHEMからの年賀状をプレゼント中。
以前、ブログにUPされていたアレだ。
\2000毎に1枚貰えるという事で、DVD “ウタタネのメ” を購入
…しようと思ったら。お値段は\3990。あと\10で2枚貰える。
…\3465の “夢現ムービー” を購入(笑)。

年賀状は直筆メッセージ&サイン入り “桜唄” ポストカード。
普通に使えるようになっているけど、誰も使うまいて。

そして、入場。
入口で恒例のオリジナルチケットを貰う。
今回はまた、まるで印象が違う。
写真をPCでいじったような、すごく手が込んでいそうな。
…MCによると、携帯の画像保存形式 「色鉛筆タッチ」 らしい。
携帯、恐るべし。ある意味、PC以上の性能じゃないか…?

画像


開演予定の18:30より、数分遅れてSTART。
先ずはゲストのアコジィ登場。
「アコギをジィちゃんになるまで弾こう!」 がテーマの男性2人組。
自己紹介でこのテーマは3回ほど言ったが、
ケンジケイイチというメンバー名はついぞ名乗らず。

「Acoustic PoP」のゲストとしては、初の男性ヴォーカル。
新鮮、と言うか、上手い!
2人ともメインヴォーカルを務め、ポップな曲もスローな曲も歌える。
ギターだけでなく、ハーモニカやピアニカも使える。
そして、面白い!
2曲目が “さよなら” だったり、ラストが “大キライ” だったり。
会場の盛り上がり&メンバーの曲への想いと、
タイトルのミスマッチが織りなすステキな亜空間(笑)。
ボケ:ケンジ、ツッコミ:ケイイチの構図も何となく見えた。
5曲演奏して、アコジィの楽しいステージは終了。

ステージセットを経て、いよいよRYTHEMが登場!
会場のスケールアップに伴い(?)、オープニングにSEが付いた。
今日のYUIYUKAの衣装はそれぞれ白と黒。
YUKAちゃんはインナーが赤。
YUIちゃんのあの長髪はエクステかな?
前回と同じバンドメンバーで、
〜RYTHEM presents〜 「Acoustic PoP Vol.3」、START!

オープニングは手拍子から。そう、“車輪の下”
照明が眩しい!O-Crestより明らかに進化している。
天井も高いし、何よりステージが高くて見やすい。
YUKAちゃんが立ってくれれば、俺の位置からは背伸びする必要ナシ!

2曲目 “ハルモニア” の後で、MC。
今回のO-WEST、デビュー当時のYUIYUKAはLIVEを観る側だった。
いつかこのステージに立つのが夢だったという事で、おめでとう!!

3曲目は “ココロビーダマ”。う〜ん、まったり。
ここまではVol.1Vol.2を足して2で割ったような構成。

続いてはスローナンバー “名を持つ人へ”
この曲は「Acoustic PoP」初披露。う〜ん、しっとり。

ここで恒例の(?)、ベース:種子田さんによるドリンク試飲会。
今回はカクテル+ソフトドリンクの計3種類。
NEW SINGLE “桜唄” にちなみ、桜尽くしのドリンク。
1つ目。「桜の花びら」は、カシスらしい(by YUI)。

…カシスらしい?

カシスラッシーだった(笑)。

2つ目。「桜の葉っぱ」はミドリミルク。
YUIちゃんは青汁のようなものをイメージしていたが、
種田さんによるとミルクセーキみたいで飲みやすいとの事。
つーか、青汁を用意するRYTHEMって一体…(笑)。

3つ目。茶色いドリンクは烏龍茶。
その名も、「桜の枝」
…美味いのか?(苦笑)

続いてはうっとりナンバー “願い”
真っ赤な照明の中で歌うRYTHEM、カッコイイ!

ここでバンドメンバーは退場、YUIYUKAによるステージに。
RYTHEMのハモリの真骨頂とも言うべき “キセキ”
「Acoustic PoP」初披露の “Song for you”
RYTHEM LIVEの定番バラード “万華鏡キラキラ”
この間、YUKAちゃんが座って若干観難くなる(苦笑)。
でも3曲とも、聴かせる曲。背伸びしつつ、じっくり聴いた。

再びバンドメンバーが登場。
ギター:末松さん
パーカッション:山田さん
ベース:種子田さん

前回、「YUKAの定番」で顔が真っ赤だった種子田さん。
今回は全て飲み干したのに顔色に変化ナシ。さすが!
…と言うか、定番の梅酒ロックはキツかったらしい(笑)。

さぁ、いよいよ2月28日発売の新曲 “桜唄” 初披露!
何とLIVE直前に、PVが完成したらしい!おめでとう!
先日、多摩川で春服を着て撮影したというPV。
ブログに撮影の様子がUPされてたし、観るのが楽しみ♪

RYTHEM渾身の桜ソング “桜唄”、生で聴くとやはり違う。
ラジオでは “霞桜” に敵わなかったけど、“桜唄” の株は急上昇!
“霞桜” に全然引けを取らない名曲じゃないか!
これは是非とも春に聴きたい! …シングル購入は未定(笑)。

気付けばLIVEは終盤。早い…。
終わってしまうのが嫌なYUIちゃん、やたら喋る。
自然、YUKAちゃんが進行役に。
そのYUKAちゃんもテンションは高い。
終盤という事で再び立ち上がるが、マイクに顔をぶつける(笑)。

そんな振りを受けて放たれた “ホウキ雲”
ここに持ってきたか〜。序盤で演るイメージが強かった。
やはり盛り上がる!後半の起爆剤としての効果も絶大♪

そして本編最後の曲。
LIVE初披露となるこの曲は、皆で歌える曲。
曲に行く前に、フレーズの練習。
YUIチームとYUKAチームに分かれて、YUIYUKAと一緒にハモる。
ステージに向かってやや左寄りの俺はYUIチーム。
トゥルル♪(ニュアンスね)が上手くハモれたので、最後の曲へ。

“てんきゅっ”。件のトゥルル♪は曲のラスト。
ノリノリで歌ったんだけど、あっと言う間に終了
正直、不完全燃焼。もっと歌いたかった!

俄然、アンコール待ちの手拍子に力が入る。
待つほどもなく、RYTHEM再登場。

アンコール1曲目は、新境地を開いたという新曲 “霞桜”
やはりイイ。すごくイイ。めっちゃ好きな曲。
「ミュ〜コミ」 効果もあってかLIVEの定番というイメージがある。
“桜唄” 共々、Vol.4でまた聴きたい!

前回に続き、今回も皆でブログ用の写真撮影。
カメラマンはマネージャーさん。
YUIちゃんの「ハイ、チーズ」で撮るんだけど、タイミングが合わない(笑)。
それでも満員電車のような状況で、無事に2枚を撮影♪

バンドメンバーを呼び込み、いよいよ最後の曲へ。
先程の “てんきゅっ” の短さは、YUIYUKAも感じたらしい。
そこはVol.4にto be continued!という事にして、再び大合唱。
RYTHEM LIVEのラストと言えば、やっぱりこの曲。
そう、“三日月ラプソディー”
これだよ。大合唱はこうでないと!
“てんきゅっ” の分まで、ガッツリ歌いましたよ。
次回、“てんきゅっ” の進化に期待(笑)。

最後に、オープニングを盛り上げてくれたアコジィを呼び込む。
アコジィのコンセプトにRYTHEMも激しく共感。
何と70年後、RYTHEMとアコジィのジョイントLIVEが決定!
3倍のキャパで、椅子とお茶を用意してのアコースティックLIVE。
こりゃぁ、何としても九十ウン歳まで生きないと(笑)。

アコジィが加わり、ステージにはギタリストが4人。
滅多にない状況に、メンバーも大はしゃぎ。
…アコジィは以前に経験があるらしいけど(笑)。
そんな中、ギターが弾けないYUIちゃんはちょっと淋しそう。
…というわけで、ブログにも登場した新楽器・ボンゴが登場!
山田さん直伝・YUIちゃんのボンゴテク、初披露!

…の、前に。
RYTHEM恒例、楽器に名前を付ける。
赤いチェリー色という事で、「チェリー君」に決定!
…ちなみに、ケンジさんの愛犬と同じ名前らしい。

RYTHEMとアコジィによるラストナンバーは、“ありがとう”
…カバー曲らしいけど、誰の曲? SMAP? B'z?
考えているうちに、曲が始まり、すぐ分かった。
井上陽水奥田民生の “ありがとう” だ。
…曲は知ってるけど、意外と歌えなかった(笑)。
でも楽しいステージだったよ!最高!

最後はメンバー全員が手を繋ぎ
…アコジィのお2人は、少し時間がかかった(笑)。
皆が手を繋ぎ、YUIちゃんの音頭でバンザイ!

あっと言う間の約2時間半。今日も楽しかった!
YUIちゃん。YUKAちゃん。
ケンジさん。ケイイチさん。
末松さん。山田さん。種子田さん。
ステキな時間をありがとう!
Vol.4でまたお会いしましょう!
絶対チケット取ってやる!

…と、意気込んでみた。
一応、終演後に50枚限定で発売される。
まぁ、買えないだろうな。
俺の後ろに、明らかに50人以上いる。
彼ら、終わったら窓口に直行だろうから。
HP先行の結果もまだ出てないしね。

チケットより先に、カクテルを戴く。
ネーミング的にも、「桜の花びら」を(笑)。
ラッシーが何なのかよく分からないけど、カシスは好き。
うん、美味しゅうございます。
甘くなく、それでいて飲みやすい。爽やかなお味。
でも、\500だったらもう少し量が欲しい(苦笑)。

外に出ると、Vol.4のチケット購入の列が出来ている。外かぁ。
…って事は、既に並んでいる人はドリンク引換済の人。
大体の人が終演後にドリンク引換だから、意外と並んでる人は多くない。
ドリンク引換は会場内で、再入場は不可なので。
…希望は、もてるかも!? 折角なので、並んでみる。

まぁ、50人以内かどうかは非常に微妙な位置。
前に並んでいる女の子2人も、しきりに気にしている。
いよいよ窓口に近付いた時、スタッフさんの手元のチケットが見えた。
残り枚数は明らかにあと僅か。
俺の前には3人。び、微妙!

…案の定、件の女の子の直前で予定枚数終了。
俺は半ば諦めてたけど、女の子2人組は可哀想だ。
一番嫌な終わり方だよね…。
チケットは取れなくとも、想い出を持って帰りましょうよ!

…しかし、明日18:00の当落発表まで気が気じゃないな(苦笑)。
つーか、外でカクテルを飲めば間に合ったかも…。
兎にも角にも、絶対チケット取ってやる!
学生生活最後になるであろうLIVE、絶対楽しんでやる!


  SET LIST
 −アコジィ−
01. 1/2
02. さよなら
03. 元気ですか?
04. もしもあなたに…
05. 大キライ

 -RYTHEM-
01. 車輪の下
02. ハルモニア
03. ココロビーダマ
04. 名を持つ人へ
05. 願い
06. キセキ
07. Song for you
08. 万華鏡キラキラ
09. 桜唄
10. ホウキ雲
11. てんきゅっ

 -ENC-
12. 霞桜
13. 三日月ラプソディー
14. ありがとう (井上陽水奥田民生)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【桜特集B】RYTHEM新曲「桜唄」はやさしいPV!福山雅治「ひまわり」&HY「NAO」似(^^;
「春、忘れられない人がいます。」 やさしい春風に乗って、桜の花びらが ふりそそぐようなそんな歌声が気持ちいい RYTHEM(リズム)の新曲「桜唄」を聴きました!(PVフル視聴) PVは桜の木の下で演奏&歌う彼女ら(RYTHEM)の シーン(映像)がまたいい感じです。 「桜唄歌いながらあなたを待つ私はひとり  この恋が教えてくれた平凡な日々こそ愛と♪」 作詞・作曲はRYTHEMの新津由衣。 2007年桜ソング でまたまた オススメです。 p.s.出だしが、福山雅治(前川清... ...続きを見る
やまかず音楽日記
2007/03/10 10:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
池ちんさん!こんばんは。
逆TB&コメントどうも!
「桜唄」ライブで聴きたいです。
いい歌は多少似てる曲があっても
いい歌だと思います!
これからもヨロシクです。
やまかず
2007/03/11 22:42
お晩です☆ わざわざコメントどうもです。
“桜唄”、本当にイイ曲ですよね〜。
来週、Vol.4でまた聴けます♪
レビュー書きますので、その際は是非(笑)。
池ちん
2007/03/12 01:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜RYTHEM presents〜 「Acoustic PoP Vol.3」 Freeway Walker/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる